忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/10/20 05:35 |
無題

それは、よく晴れた春の出来事だった。

カーテン越しの朝日が、瞼を刺激する。

春眠暁を覚えずとはよく言ったもので、私も例に漏れず、布団の中で眠気と必死に格闘していた。

しかし、既に闘い始めてから5分が経過しているあたり、負けることは既に決定事項だ。情けない話ではあるが。ちなみに、目覚ましは30分ほど前に沈黙なさった。

まぁ、たまにはこんな日があってもいいだろう。どうせもうすぐゴールデンウィークだ。それがちょっとばかり早くなるだけ。

だから大丈夫なんだ、だいじょうぶなんだ……。

言い訳がいい感じに催眠効果をもたらし、そのまま眠りの淵へと……




Prrrrrrr!Prrrrrrr!



あと少し、というところで鳴り響く電子音。

未だにアナクロな目覚まし時計を使っている私の部屋で、こんな不愉快な音を立てるものはひとつしかない。

極力布団から身体を出さないようにして、憎き音源に手を伸ばす。


「はい、もしもし」


かけてくんなよ、という感情をなるべく出さないように……ちょっとは出てるけど、とりあえず携帯を手に取り、電話に出る。


「寝てたな」


声を聞いて、一気にベッドから跳ね起きた。

「いや、寝てませんよ?」

動揺しながらも、それを声に出さずに返事が出来た自分を褒めてあげたい。

「まー、寝てたら電話にも出れないからな。ときに、今が何時かわかっているかね?」

しかし、むこうも慣れたもので、私の言葉を聞き流しながしている。

ええ、わかっていますとも。あんたが何で電話をかけてきたのかも。

「今から10分で支度します、サー」

言葉と共に、ベッドから抜け出して着替え始める。こういうときオンフックは便利だ。

「それだと電車間に合わないんだけど?」

「大丈夫、私自転車で行くから」

「いや、理由になってないって。まさか電車より速く走れるわけないでしょ?」

「いいんだって、気分の問題よ」

それに、遅れるといっても朝練だ。ちょっとは大目に見てくれるだろう。……くれたらいいな。

よし、着替え終わり。ご飯は……当然ながら、諦めて。

「それじゃ、家出るから。あと、起こしてくれて一応ありがとう」

「一応が余計っていうか、やっぱり寝てたのね。早く来なさいよ」

電話を終え、携帯をポケットにしまう。

洗面台で顔を洗い、少々髪を整えて、これでおしまい。

家を出て、通学鞄をかごに、ドラムバックを肩にかけ、自転車にまたがる。

「それじゃ、行ってきます」

無人の家に呟き、勢いよく自転車を漕ぎ出す。





私、広瀬結衣の一日は、大体こうやって始まる。

PR

2008/03/13 18:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | SS

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<超掃除 | HOME | マイカーGETへの道>>
忍者ブログ[PR]