忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/08/18 02:13 |
無題
放課後の部活は、私にとって一日の中の最重要事項である。

無論、部活自体が私にとっての最重要事項なのだが、いかんせん、こう、朝は……ねぇ?

というわけで、気合を入れて練習に取り組んでいるわけです。

放課後の練習は、主に三つのパートに分かれている。

一つ目は、朝にもやっているランニング、柔軟、筋トレの基礎。

二つ目は、スタートだったり、踏み切りだったり、ハードルの歩幅あわせだったり、種目ごとに自分の苦手だったり得意だったりすることの練習。

三つ目は、いわゆる実戦。記録を計って、今後の練習の課題なんかを見つけたり、前の記録と比べてモチベーションをあげたり。

たまに、この記録を計るときにビデオをとって、フォーム研究をしたりもする。





で、今はその三つ目。100メートルのタイム計測。

他の部活との兼ね合いで、一度に走れるのが5人までなのがちょっと大変。フィールドと長距離以外は、この時は見学だ。まぁ、軽い休憩みたいなものね。

もちろん、専用の舗装などされているわけもなく、レーンだってきつきつだ。

それでも、スターティングブロックは全員分あるし、ハードルも一年前に新品になった。

やっぱり、記録を残すってのは大事よね。

「はい、それじゃ次、用意して」

雅の声で、周りの子がスタート位置に向かっていく。それで自分の番が来たことを悟り、小走りにスタート位置に着いた。









練習後。

私は、何故か雅を後ろに乗せて、最寄り駅に向かって自転車を漕いでいた。

「……私の馬鹿。なんでチョキ出したかなぁ」

「日頃の行いってことでしょ」

ちくしょー、ぐうの音も出ねぇぜ。

部活終わりの火照った体を、風がゆっくりと冷ましてくれる。

この時期の、自転車のいいところの一つだ。自分が漕いでいなければ、より恩恵を受けることが出来るんだけど……。

「ねぇ結衣。ところでGWはどうするの?部活は休みだけど……」

少し聞くのをためらうような、それでも聞いておきたい、といった複雑な声で、雅が尋ねる。

そう、我らが陸上部は、GWの練習をしない。これは通例だ。

曰く、GWでこれまでの授業の予習を行い、余裕を持って中間テストに挑むため。そのため、逆にテスト期間中も普通に部活は行われる。

「ん?いつもどおり」

「……そう」

私の答えに、雅は落胆とも諦めともとれる溜息をついた。

「心配してくれるのはありがたいけど、まーしょーがないよ」

努めて明るく振舞っても、雅の返事は優れない。

自分でも言った通り、しょうがないのだ。こんなことで、雅が気に病む必要はないのに。

「気をつけてね?」

「うぃうぃ」

これ以上この話題を続ける意味もなかったし、続ける意思もなかった。

それから駅に着くまで、会話らしい会話はなかった。
PR

2008/05/03 09:54 | Comments(0) | TrackBack(0) | SS

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<GWの思い出1/2 | HOME | ぼーげっしょー>>
忍者ブログ[PR]