忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/05/22 03:40 |
無題
そしてやってきたGW。

黄金週間と称されるそれは、本来ならば学生にとって、この上のないような喜ばしい期間であろう。

……この上ない、というのは言いすぎか。夏休みとかあるし。

とにかく、諸手どころか両足も同時に挙げてすっ転んでも尚、笑いが出るような期間。

それなのに、私はというと、憂鬱というか気だるげというか、少なくとも喜悦の色を一切見せることなく、ガタガタとやたら揺れる電車に乗り込んでいた。

座ることはしない。

無論席は空いている……どころか、この車両には私しか乗客がいない。それでも座ることはしない。

およそ乗り心地という、乗客にとっては乗車賃の次くらいには重要な項目をまるっきり無視したような、硬いを通り越して痛いとすら言えるような座席に座る気はさらさらなかった。

しかし、それも仕方のない話なのである。

今、私が向かおうとしているところは、私の居住地をして都会と言わしめるような、まさしく辺境なのだから。

それを如実に表す一例として、聞いたこともないようなコンビニで、護身用に鈴が売られている。

何から身を守るのか。

熊である。

まぁ、この狭いながらも広い日本。小学生の入学祝に学校から鈴が送られることもあるというのだから、地元の人からすれば当たり前のものなのだろうけど。

……初めてそこを訪れたとき、まず「コンビニ」が存在することに驚愕したのは、全くの余談なのだが。








さて、随分と話が脱線したが、ここからは、私が何故GWに、嫌々ながら田舎を目指しているのかというと、そこがまさしく私にとっての「田舎」であるからに他ならない。

要するに、里帰りである。
PR

2008/06/21 23:24 | Comments(0) | TrackBack(0) | SS

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<東方キャラソート | HOME | 騙されマクリマクリスティ>>
忍者ブログ[PR]