忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/22 15:22 |
隣のやつはよく牡蠣食うやつだった




というわけで、牡蠣を食べに鳥羽まで行ってきました。




事の発端は、今年の2月に行った、まだ記憶に新しい卒業旅行でした。

2泊3日の福岡、長崎の旅行の3日目。

私達は佐世保で遊覧船に乗り、九十九島(くじゅうくしま)の景色を堪能していました。

船外で強い風に吹かれながら眺める海は、卒業旅行ということもあいまってか、天候にはあまり恵まれていなかったものの、感動を与えてくれました。

さて、遊覧船から降りた時には既に昼飯時。

ここは一丁観光なのだからということで、昼食には佐世保バーガーをチョイス。

値段の割にボリュームもあり、なかなかの美味でした。

しかし、そこは成人男子。ハンバーガー一個で腹が満たされるはずもなく、なにかつまめるモノを求めて付近を彷徨うことに。

そこで目に入ったのが一軒の牡蠣料理の店。

そういえば遊覧船で牡蠣の養殖がどうこと言ってたなーとか思いながら、店頭で作られていた蒸し牡蠣に目を奪われる。

買う。食う。








やっべ、マジうめぇ。








今まで食べたことのない濃厚な味。特に調味料が使われているわけでもないのに、新鮮というだけでココまで美味しくなるものかとただただ感動するばかり。

他のメンバーも絶賛の嵐。

そういうわけで、近いうちに牡蠣を腹いっぱい食べようという話をしていたのでした。
まずはメンバー紹介。

今回は大学のメンバーで行ってきました。ちなみにイニシャルはニックネームからです。ややこしい。

まず発起人G。筋肉自慢で教師でオタクです。日本の危機です。こいつは俺とオタクトークで話が合う稀有な存在です。日本オワタ\(^o^)/

次にドライバーのM。こいつのヴィッツで過去に京都に行ったことがあります。雪の降る中、ノーマルタイヤで。ポジション的にはIと被ると思います。

次にY。弟妹がリア充している中、おっぱいマウスパッドや抱き枕を嬉々として購入する変態です。

次にK。実はここには書いていないのですが、今年の一月終わりに一緒に鷲宮神社にお参りに行ってます。Kのブログへのリンクも貼ってあるので興味のある方はそちらでご覧下さい。

これに私を加えた5人で鳥羽まで行ってきました。















鳥羽展望台からの景色。

展望台ということで風こそ強かったものの、久しぶりに見た水平線で若干テンションが上がる。

まぁメインはこんなことではないので、早々に店に入ることに。

が、これに難儀することになる。

まず、この旅行は牡蠣を食べる旅行である。

目的は
①いかに少ないお金で
②いかに美味しい牡蠣を
③いかに大量に食べるか

ということになる。が、それが中々見つからない。というか相場がわからない。

結局15分ほどウロウロした後、牡蠣食べ放題1500円の店に入ることに。

出迎えてくれたのは、おそらく漁港で働いているであろう、人好きのする笑みを浮かべている、皺の深い60前半のおじいさん。

店先では、バーベキューセットに乗った牡蠣が美味しそうな匂いをたてている。

案内されたテーブルにて待つこと数分、とうとう目的のブツが姿を現した。






ちなみに、手前が焼き牡蠣、奥の蓋っぽいものの中には蒸し牡蠣が入っている。

しかも、これだけに留まらず、更におにぎり、佃煮、味噌汁のサービスまでついてきた。

その完成形がこちら。







おにぎりがラッピングされていて見難い(´・ω・`)

ちなみに真ん中の光物は牡蠣の殻をこじ開けるナイフです。

今ココに戦いのゴングが鳴り響いた。決してこれは誇張表現ではないのだ……。

最初こそ軽快に殻を開け、談笑しながら焼き牡蠣をいただく。

少しして蒸し牡蠣も蒸しあがり、蓋っぽいものの中から30~40ほどの牡蠣が出てくる。

喜んで食べる。

焼き牡蠣が20ほど追加。喜んで食べる。

蒸し牡蠣が追加で鉄板に置かれる。出来上がるまでに更に焼き牡蠣が追加される。喜んで食べる。

蒸し牡蠣完成。喜んで食べる。

焼き牡蠣の追加と蒸し牡蠣のセットアップが同時に行われる。食べる。

焼き牡蠣が追加される。食べながらおかしいことに気付く。





追加……早くね?




この段階で、おそらく一人25個くらいは食べているはず。飲み物が欲しい。

するとすぐそばに自販機があるらしい。

俺とGは自販機(距離2メートル)を探す旅に出た。




















店の裏手には砂浜が広がっていた。腹ごなしも兼ねて散歩をすることに。

つーかあのペースで食べてたら死ねる。何故出されたものを食べきる前に追加が来るのか。

食べ放題とは客に食べさせないようにするのが儲けを出すコツではなかろうか。

経済について考えながら、5分ほど辺りをぶらつく。

散歩を終え、お茶を購入して戻ると、入れ替わるようにM,Y,Kの三人が散歩に向かった。


逃げたな。


ずっと調味料なしに食べていたので、ここでポン酢とレモン、ケチャップが投入されるも、KとMの「残念」との感想のため、ケチャップの使用を断念。

黄金伝説の「○○を~日で食べつくす」系の味の変化を求める気持ちがすごくよくわかった。

その後も出される牡蠣を、何かに追い立てられるようにして食べる。

ここで一言言いたい。

俺たちの前に来た重量級とやら。お前はとんでもないことをしてくれた。一人でかご一杯に殻を積むとかテレビにでも出てればいいよ。俺たちに謝れ!!






都合5?6?それくらいの蒸し牡蠣追加を最後に、ようやく果てしないフードファイトが終わった。ゴール……っ

これで来シーズンまで牡蠣を絶っても大丈夫だ。つーかしばらく牡蠣は見たくない。






車内も結構なカオスでしたが、ありのままを書いたら間違いなく消されるので割愛。ごめんねリラックマ。


きっと大学のメンツと行く旅行も今回が最後なんだろうなーと感慨にふけってみたり。

思い出に頼るのはあまりよくないとは思うけど、辛い時に思い出してクスリと出来る様な思い出が一つでも増えれば、社会に出ても頑張れる気がします。

さぁ、一週間後は卒業式だ。
PR

2009/03/13 00:35 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<無題 | HOME | はwwwwいwwwwぞwwwwくwwww>>
忍者ブログ[PR]