忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/22 15:26 |
飯田線の旅・その2
と、いうわけで、茶臼山でレジャーを楽しむ人々に別れを告げ、長野県入りを目指して車を走らせるのだった。

Tが。






長野県到着。

写真はないけど、一面のどかな景色が続いてました。

隣家との距離が10メートル以上とか。

長野スゲー!!見たいな感じ。

きっと、さとぅさんの実家もこんな感じなんだろうな……とかふと思ったりしました。

そして、一時間ほど走って、見えてきたのがこれ。












天竜川です。

いやー、雄大ですね。

向かいに見える民家は、かなり密集しているほうです。

そして、これは天竜川にかかっていた橋。



橋の上からの写真。





この写真だといまいちわかりづらいですが、5階建てのビルよりは多分高いです。ガクブルです。

落ちたらってよりも、なんか落としそうで怖いです。この携帯とか。





行けども行けども山、川、丘。

ちなみに、茶臼山を越えてからここまで、信号は片手で足りる数しか出会っていません。

ノスタルジー最高潮。

それから少しして、第一の目的地に到着しました。







門島駅です。

なんと、門島駅の最寄交差点に信号があり、隣に簡易郵便局、向かいに商店、さらには発電所まであったりしました。




……何という都会!!



いやはや、いい感じに感覚が麻痺してますね。

写真では見えませんが、ホームの反対側にも線路があります。

ちなみに、ホームには踏み切りを渡ってたどり着きます。

だから、上のように、線路上で写真がとれます。

「電車に注意」の地面に書かれた注意書きがこの上なくシュールです。

しかも利用客がいました。

スゲー!!

無意味に感動してます。

ひとしきり楽しんだ後、次なる目的地へ。








ちなみに、目的地とは書いてますが、車の中で、走りながら地図を見て決めてます。

果てしなく行き当たりばったりデス。デスデス。

そんな行き当たりばったりがもたらした危機。



それはガス欠。




ここ、長野県には、ってか通ってきた道にあったGSは、ことごとく休業。

あれか、長野県民はみんな休日は引きこもりか。休日に働くのは負け組なのか。

とかやってる間に。

ちょwwwwwあと10リッターwwwwww


もちろん、10リッターあればなんとでもなるのでしょうが、そのとき通っていた道が家はおろか、車線も描いてないような超山道。右岩肌、左崖。正直少し酔った。


リアル遭難の危機。

からくも、やってるスタンドを見つけて、残り7リッターくらいで難を逃れました。

ありがとうコスモ石油……!!

あと、スタンドの向かいにコンビニがあったことも地味に感動しました。客がいる的な意味で。

……営業時間を確認すればよかった……。



そして、懲りることなく行き当たりばったりに、目指してなかったのにたどり着いた目的地がここ。












天竜峡駅です。

ちょうど電車が止まってたので、それもいっしょにどうぞ。

この駅はなんと!

車線が3つある!!

さらに!!!

駅に駅員が常駐している!!!!

やべーよ……都会を越えた都会、正に超都会だよ……。

しかし、駅のすぐ前にはこんなものも。






いつからあるのだろうか、この橋は。姑射橋というそうです。

改めて車が通ってきた道を見て、全員で「ねーよwwwwwwwww」と爆笑。

車が通れたことが奇跡的な細さでした。TのドライビングテクニックとHのナビがもたらした奇跡。








俺とI?……脇役がいるから主役が目立つんだよ。





そして、第三の目的地へ。



こ こ か ら が ほ ん と う の じ ご く だ




続く。
PR

2008/05/20 01:42 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<飯田線の旅・その3 | HOME | 飯田線の旅・その1>>
忍者ブログ[PR]